Brian Yasuhiro Seymour

Woodwind Artist and Composer

米国カリフォルニア州出身の木管楽器奏者、作曲家。テナーサックス、ソプラノサックス、アルトサックス、バリトンサックス、クラリネット、バスクラリネット、ピッコロ、フルート、アルトフルート、オーボエ、イングリッシュホルン、ファゴット、EWIを演奏。6歳から9年間クラッシックバイオリンを学ぶ間、10歳でアルトサックスを始める。高校での4年間を通してジャズバンド、ウィンドアンサンブル、マーチングバンドに在籍。作曲やジャズアンサンブルの為のアレンジを手掛ける。

2007年にはジャズバンドのメンバーとしてスイスのモントロージャズフェスティバルの他フランス、スペインで演奏。

2008-2010年はレストラン、ホテル、ジャズクラブ、イベント、福祉施設等での演奏活動も続け、ジェイ メイソン(Gordon Goodwin’s Big Phat Band)に学ぶ。

2010年バークリー音大入学。テナーサックスでジャズパフォーマンス科に、さらにコンテンポラリー・作曲/プロダクション科にも所属。ゲーム音楽作・編曲も副科として学ぶ。Dino Govoni氏、George Garzone氏、Walter Beasley氏にサックスを、Barbara LaFitte氏にオーボエを師事。在学中にはPro Tools、Digital Performer、Logicなどの音楽制作ソフトのテクニカル・サポートを務める。またプレイヤーとしてレコーディング、プロジェクトやミュージカルのピットミュージシャンとして菅楽器全般を担当。

2014年にバークリー音大を卒業、カーニバル・クルーズ・ライン(旅船)のショーバンドとして乗船。また、作曲・編曲家として手がけたジャンルは小編成ジャズバンド、ビッグバンド、オーケストラ、マーチングバンド、菅楽器アンサンブル、室内楽、ポピュラー音楽など幅広い。

自身が作曲したストリングカルテット曲「Mother Earth Suite」がノルウェーのヴァルドレスで開催された2014 Valdres Sommersymfoniにて演奏される。

2015年11月から日本に滞在し、東京と千葉県でライブハウス、ジャズフェスティバル、イベント、ホテルで演奏。

2016年10月に沖縄ロックグループORANGE RANGEのホーンセックションのメンバとして演奏。

 

24955675_1751749321502980_953055456800852603_o.jpg